9日はオミクロン株疑い3人 秋田県内

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は9日、新たに新型コロナウイルスに感染した秋田市の30代会社員男性と、能代保健所管内のいずれも40代の会社員女性と団体職員女性の計3人が、新変異株「オミクロン株」に感染している疑いがあると発表した。県内で感染が疑われる事例は6人となった。

 市によると、30代男性は昨年12月21日~今月6日、首都圏と東海地方に滞在。現地では知人らと会食したという。帰県した7日に発熱し、民間検査機関でPCR検査を受け陽性と分かった。8日に市保健所で変異株用の検査を受けたところ、オミクロン株の可能性がある変異が確認された。今後ゲノム解析を行う。結果判明まで10日程度かかる見込み。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース