マイナーで初の女性監督、就任へ ヤンキース傘下の1Aタンパ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
レイチェル・バルコベックさん(AP=共同)
レイチェル・バルコベックさん(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、ヤンキース傘下のマイナーで、メジャー傘下球団で初の女性監督としてレイチェル・バルコベックさん(34)が就任すると9日、スポーツ専門サイト「アスレチック」が報じた。1Aタンパを率いるという。

 バルコベックさんは2012年にカージナルス傘下のコンディショニングコーチに就任した。他球団でもコーチを務めるなど経験を重ね、19年にヤンキース傘下で女性初のフルタイムの打撃コーチとなった。

 大リーグではジャイアンツでアリッサ・ナッケンさんがメジャー史上初の女性コーチ、マーリンズではキム・アング氏が女性初のゼネラルマネジャーを務めている。