風間「何でも一番になりたい」 ソフトB合同練習で意気込み

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新人合同練習が始まり、キャッチボールするソフトバンク・風間=福岡県筑後市
新人合同練習が始まり、キャッチボールするソフトバンク・風間=福岡県筑後市

 プロ野球・ソフトバンクの新人合同練習が10日、福岡県筑後市のファーム施設で始まり、ドラフト1位の風間球打投手(明桜高)がキャッチボールで伸びのある投球を披露し、最速157キロの剛腕の片りんを見せた。

 「きつかった」というランニングでは、懸命にトップを目指して走り「注目されているのは自覚している。恥のないように何でも一番になりたい」と意気込んだ。

秋田の最新ニュース