能代管内の飲食店でクラスター 県内、新たに23人感染

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は12日、新たに23人が新型コロナウイルスに感染し、このうち4人が新変異株「オミクロン株」に感染した疑いがあると発表した。また、県は能代保健所管内の飲食店利用者らで新たなクラスター(感染者集団)が発生したとした。重症者はいない。

 1日の感染発表が20人を超えるのは昨年8月28日以来、約4カ月半ぶり。県内の感染者は累計1977人。

 県によると、能代保健所管内の飲食店の利用者や店員計13人の感染を新たに確認した。これまでに発表された感染者のうち4人もこの店を利用しており、クラスターの感染者は計17人。

新型コロナウイルスに関する記事はこちら

秋田の最新ニュース