佐竹知事「会食時は気をつけて」 コロナ警戒レベルは「2」維持

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の佐竹敬久知事は12日、新型コロナウイルスのオミクロン株の疑いがあるクラスター(感染者集団)が能代保健所管内の飲食店で発生したことを受け、会食時の感染防止に注意を払うよう呼び掛けた。県独自の警戒レベルは「2(注意)」を維持する考えを示した。県庁で報道陣の取材に答えた。

 佐竹知事はオミクロン株について「相当感染力が強い」と指摘。その上で「飲食、特に飲酒の際には十分距離を取り、まん延防止等重点措置の適用地域や都市部から来た人と会食する時は気をつけてほしい」と述べた。

秋田の最新ニュース