県内積雪、3地点で1メートル超え 15日は風雪弱まる見込み

会員向け記事
お気に入りに登録

雪が休むことなく降った横手市。歩道には2メートル近い高さの雪の壁ができた=14日午後0時40分ごろ、横手市役所本庁舎近く

 秋田県内は14日、冬型の気圧配置が強まった影響により各地で雪となり、列車に運休や遅れが発生した。秋田地方気象台によると、15日は昼すぎから冬型の気圧配置が緩み、雪や風は弱まる見込み。

 14日午後5時現在の各地の積雪は横手市120センチ、北秋田市阿仁合105センチ、湯沢市湯ノ岱104センチ、秋田市32センチなど。横手市では午後5時までの24時間で29センチの降雪を観測した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 478 文字 / 残り 290 文字)

秋田の最新ニュース