奄美のサクライソウは新種 分布限定、学会誌に発表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鹿児島県・奄美大島に自生する新種「アマミサクライソウ」=2011年7月(高橋弘氏提供)
鹿児島県・奄美大島に自生する新種「アマミサクライソウ」=2011年7月(高橋弘氏提供)

 国内では岐阜県などに分布が限られている植物「サクライソウ」のうち、鹿児島県の奄美大島に自生するものは新種「アマミサクライソウ」だとする論文がこのほど、日本植物分類学会の機関誌に発表された。

 サクライソウは葉緑体を持たず、菌類から栄養を得る「菌従属栄養植物」。岐阜県可児市の自生地は、国の天然記念物に指定されている。

 論文の著者の一人は、40年以上サクライソウを研究してきた岐阜大の高橋弘名誉教授(75)。岐阜、長野、奄美の種を比較した結果、奄美産には背が低く花が密集して咲くなどの違いがあり、昨年11月、新種として機関誌に発表した。

同じジャンルのニュース