松山と金谷、首位と5打差24位 米男子ゴルフ第1日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第1ラウンド、11番でバーディーを決め、拍手に応える松山英樹。4アンダーで24位=ワイアラエCC(共同)
第1ラウンド、11番でバーディーを決め、拍手に応える松山英樹。4アンダーで24位=ワイアラエCC(共同)

 【ホノルル(米ハワイ州)共同】米男子ゴルフのソニー・オープンは13日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、松山英樹と金谷拓実が66で首位と5打差の24位につけた。アマチュアの中島啓太(日体大)は67で40位。

 星野陸也は70で100位、小平智は71で119位、石過功一郎は72で132位と出遅れた。

 昨年大会覇者ケビン・ナが61で首位、ジム・フューリクとラッセル・ヘンリー(以上米国)が1打差2位で滑り出した。