県内3村、飲酒運転ゼロ 21年追放等競争で1位

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は14日、県内25市町村を対象とした2021年の飲酒運転追放等競争で、上小阿仁、大潟、東成瀬の3村が1位だったと発表した。いずれも飲酒運転による違反や人身事故、飲酒運転によるもの以外も含めた死亡事故がなかった。

 競争は飲酒運転による違反や事故などを点数化し、違反した人の居住市町村別に集計。運転免許人口で割った値で順位を決める。県飲酒運転追放県民運動の一環として1979年から行っている。

同じジャンルのニュース