コロナ下の春闘、賃上げどうなる?

会員向け記事
お気に入りに登録

 2022年春闘を控え、岸田文雄首相が企業トップに賃上げを強く求めている。秋田県内の経済団体は新型コロナウイルスの影響が長期化し、業績回復に格差が出ているとし「一律に上げられない」との姿勢。労働組合側は「格差是正に向け、賃上げは必要。強い姿勢で臨む」との考えを示している。

 岸田政権は21年11月、業績が新型コロナ禍前の水準に回復した企業に関し「3%を超える賃上げを期待する」と表明。賃上げした企業に適用する優遇税制を拡充するとしている。

同じジャンルのニュース