男子5キロフリー小坂・金丸が初優勝 全県中学スキー開幕

会員向け記事
お気に入りに登録

 第65回県中学校スキー大会は15日、鹿角市花輪スキー場で開幕し、男女の純飛躍、複合、大回転、距離フリーを行った。今年の全国大会から正式種目となる女子複合は海沼優月(花輪2年)が純飛躍との2冠を達成。大回転の男子は石綿響(東成瀬2年)が初の頂点に立ち、女子は森川栞奈(鷹巣2年)が2連覇。距離のフリーは男子5キロが金丸拓寛(小坂1年)、女子3キロは畠山絢香(八幡平2年)がいずれも初優勝した。最終日の16日は距離の男女クラシカルと男女回転を行う。

【男子距離5キロフリー】ハイペースで坂を上る金丸

東北、全国の初代女王に照準

【女子複合】優勝した海沼の前半飛躍


複合と純飛躍で2冠 海沼優月(花輪2年)

 安定したジャンプで純飛躍、複合とも2年生同士の対決を制した。純飛躍では1回目41メートル、2回目40メートルをそろえ、昨年に続いて優勝。複合は前半の飛躍で「緊張で少し力んでしまったのと不規則な風に対応できなかった」というものの38メートルを記録。距離でもペースを崩さず、2冠を達成した。

秋田の最新ニュース