暗闇に真っ赤な大輪 「火振りかまくら」力強く、秋田市

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市仁井田地区の小正月行事「火振りかまくら」が15日、御野場中学校脇の田んぼで行われた。暗闇の中で、地域住民の思いが込められた炎が力強く大輪を描いた。

暗闇に炎の輪が浮かび上がった火振りかまくら


 昨年に続き、新型コロナウイルスの感染防止のため規模を縮小して実施。主催する仁井田地区振興会(相場隆会長)の役員らで行った。

 火振りかまくらは約300年の歴史があるとされ、水田に落ちた火の粉が土を清めると言い伝えられている。

同じジャンルのニュース