辺野古移設争点に一騎打ち 名護市長選、現新届け出

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
沖縄県名護市長選が告示され、候補者の街頭演説に集まった支持者ら=16日午前
沖縄県名護市長選が告示され、候補者の街頭演説に集まった支持者ら=16日午前

 沖縄県名護市長選が16日告示され、いずれも無所属で元名護市議の新人岸本洋平氏(49)=立民、共産、れいわ、社民、地域政党・沖縄社大推薦=と、再選を目指す現職渡具知武豊氏(60)=自民、公明推薦=が立候補を届け出た。名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設の是非を主要争点に一騎打ちの構図となる。9月に任期満了を迎える知事選を天王山とした「選挙イヤー」の初戦で、投開票は23日。

 両氏は市街地でそれぞれ第一声を上げた。岸本氏は「基地建設を止める決意だ」と力を込めた。渡具知氏は辺野古移設には言及せず実績を強調。「持続発展する名護市をつくりたい」と訴えた。