須貝龍は12位、五輪確実 W杯スキークロス

お気に入りに登録

 フリースタイルスキー・スキークロスのワールドカップ(W杯)は15日、カナダのナキスカで北京冬季五輪の出場枠争い対象レースの最終戦が行われ、男子の須貝龍(クレブ)は12位だった。

 日本は男子で北京五輪出場の2枠を獲得し、須貝と古野慧(USEN―NEXTグループ)が出場を確実にした。

 男子はクリストファー・マーラー(カナダ)、女子はサンドラ・ネスルント(スウェーデン)が優勝した。(共同)