女子の近藤5位、五輪確実 フリースタイルスキーW杯

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
近藤心音
近藤心音

 フリースタイルスキー・スロープスタイルのワールドカップ(W杯)は16日、フランスのフォンロムで北京冬季五輪の出場枠を争うレースの最終戦が行われ、女子は18歳の近藤心音(オリエンタルバイオ)が64・75点で自己最高の5位に入った。男子の山本泰成(アークコミュニケーションズ)は10位だった。

 日本は女子で北京五輪出場枠「1」を獲得し、近藤が出場を確実にした。男子は自力では出場枠を獲得できなかった。

 男子はアンドリ・ラゲットリ(スイス)、女子はテス・ルドゥー(フランス)が優勝した。(共同)

同じジャンルのニュース