混戦予想覆すスピード 男子回転で優勝、石綿響(東成瀬2年)

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 大回転との2冠を達成した。「優勝候補と言われていたので緊張もあったが、自分らしいスピードに乗った滑りができた」と頬を緩めた。

回転男子・石綿、女子・森川が優勝 県中学校スキー大会最終日

 1本目で41秒29をマークしトップに立った。2本目で「自分の滑りやすいポールセットだった」とさらにタイムを縮め、40秒44でフィニッシュ。2位に大差をつけた。

同じジャンルのニュース