乳がん検診、定期的に 医師「早期なら治りやすい病気」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
乳がんの治療をテーマに講演する片寄医師
乳がんの治療をテーマに講演する片寄医師

 乳がんをテーマにした講演会が15日、秋田市のにぎわい交流館で開かれた。市立秋田総合病院乳腺・内分泌外科長の片寄喜久医師が、市民らにがんの早期発見や早期治療の重要性について伝えた。

 片寄医師は「乳がんは死亡率が低く、早期発見・早期治療すれば治りやすい病気」と説明し、定期的なセルフチェックや検診をするよう呼び掛けた。


 講演会は、がんカフェあきたの会(三浦恵子代表)の主催。

がん予防・早期発見には「検診」を

秋田の最新ニュース