政府、22年度予算案を国会提出 歳出107兆円は過去最大

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
臨時閣議に臨む岸田首相=17日午前、首相官邸
臨時閣議に臨む岸田首相=17日午前、首相官邸

 政府は17日、2022年度予算案を国会に提出した。基本的な政策に充てるお金を管理する一般会計の歳出(支出)は107兆5964億円と10年連続で過去最大。3月末までの成立を目指す。国会では岸田政権が目指す「成長と分配の好循環」に向けた道筋や、悪化する財政の立て直しなど幅広いテーマを巡って議論が交わされそうだ。

 主な歳出は、年金や医療といった社会保障費が過去最大の36兆2735億円。高齢化に伴って膨らみ、岸田政権の「分配」政策のうち看護師らの賃上げに必要な経費も含めた。防衛費も過去最大で5兆4005億円。国の借金に当たる国債の元利払いに24兆3393億円。