米ゴルフ、松山が逆転で8勝目 アジア勢最多、プレーオフ制す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
プレーオフを制して米男子ゴルフのソニー・オープンで優勝し、アジア勢最多に並ぶ米ツアー通算8勝目を挙げた松山英樹=16日、米ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(ゲッティ=共同)
プレーオフを制して米男子ゴルフのソニー・オープンで優勝し、アジア勢最多に並ぶ米ツアー通算8勝目を挙げた松山英樹=16日、米ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(ゲッティ=共同)

 【ホノルル(米ハワイ州)共同】米男子ゴルフのソニー・オープンは16日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、7バーディー、ボギーなしで63と伸ばした松山英樹が通算23アンダー、257で並んだラッセル・ヘンリー(米国)とのプレーオフを1ホール目で制した。ツアー通算8勝目で、アジア勢最多の崔京周(韓国)に並んだ。優勝賞金は135万ドル(約1億5400万円)。

 小平智は65で回って通算15アンダーの12位、アマチュアの中島啓太(日体大)は67で10アンダーの41位だった。

 前身の大会で1983年に青木功が日本男子の米ツアー初優勝。