子どもの就寝、夜9時以降が半数 共働きの増加で、グリコ調査

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
実際の平均就寝時刻と親が考える理想の平均就寝時刻
実際の平均就寝時刻と親が考える理想の平均就寝時刻

 0~2歳児を育てる保護者の計53・8%が、子どもの就寝時刻は「午後9時以降」になっていると答えたことが17日、江崎グリコの調査で分かった。一方、理想の就寝時刻を「9時より前」とした人は計68・8%に上り、共働きの増加により時間に余裕がない中で子育てに追われる家庭が多い実態が明らかになった。

 理想の平均就寝時刻を尋ねると「午後8~9時」が52・8%で最多だった。実際の平均就寝時刻は「9~10時」が36・2%と最も多く、次いで「8~9時」34・5%、「10~11時」12・8%と続いた。午後9時以降に就寝している子どもは、午前7時以降に起床する割合が高かった。