女児虐待死、両親が起訴内容を一部否認 

お気に入りに登録

 2017年、当時4歳の長女に医師による診察などを受けさせず死なせたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた父親(32)と母親(30)は17日、さいたま地裁で開かれた裁判員裁判初公判で起訴内容の一部を否認した。