経団連、賃上げで「分配」促す 春闘指針、政権に同調

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
春闘方針について記者会見する経団連の大橋徹二副会長=18日午後、東京都千代田区
春闘方針について記者会見する経団連の大橋徹二副会長=18日午後、東京都千代田区

 経団連は18日、2022年春闘の経営側の指針となる「経営労働政策特別委員会(経労委)報告」を発表した。21年春闘に比べ賃上げによる「分配」の積極的な対応を促した。岸田政権の看板政策「成長と分配の好循環」に対する「社会的な期待」にも言及し、政府に歩調を合わせる姿勢を鮮明にした。サプライチェーン(供給網)全体で取引価格を適正化し、下請けなど中小企業の賃金引き上げへ環境を整備する重要性も初めて強調した。

 新型コロナ禍で落ち込んだ業績の持ち直しが進んだ現状を踏まえた。業種や規模で業績にばらつきがある「K字型景況」を背景に、横並びや一律的な賃上げは否定した。