時代を語る・佐々田亨三(36)鳥海に抱かれ、守られ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「鳥海山の会」メンバーらで登山=平成27年7月
「鳥海山の会」メンバーらで登山=平成27年7月

 地域にはシンボルとなる山があります。守り神としてあがめることもあれば、自然の恵みの源として感謝しつつ、見上げることもあります。

 由利本荘にとっては鳥海山がそれに当たります。古代から信仰の対象であり、中世から近世にかけては数多くの修験者が入山、修行しました。今も雨は伏流水となり、大地を潤し、日本海へと注ぎ込みます。多くの動植物が生息・群生、山の景観とともに、訪れる者の目を楽しませてくれています。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース