児玉前鹿角市長を逮捕、官製談合防止法違反などの疑い

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
児玉一容疑者
児玉一容疑者

 秋田県鹿角市発注の公共工事を巡り、最低制限価格を業者に漏らして入札の公正を害したとして、県警は19日、前鹿角市長の児玉一容疑者(74)=同市花輪字古館=を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕した。また、入手した情報により落札したとして、公契約関係競売入札妨害の疑いでいずれも同市の建設会社の元会長(75)=同市十和田大湯字倉沢中道=と元常務取締役(63)=同市八幡平字二ツ屋=を逮捕した。

 県警は「共犯事件で捜査に支障がある」として、3人の認否を明らかにしていない。県警は同日、同社などを家宅捜索した。

秋田の最新ニュース