北京五輪選手の安全を懸念 元アスリートらが警告

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北京冬季五輪の看板の前で記念撮影する女性=18日、北京(ロイター=共同)
北京冬季五輪の看板の前で記念撮影する女性=18日、北京(ロイター=共同)

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は18日に北京冬季五輪についての記者会見を開き、元アスリートやスポーツ団体代表などが口々に「北京では言論の自由が保障されていない。選手らは危険にさらされている」と警鐘を鳴らした。さらに、中国の人権問題などへの抗議活動は控えるよう呼び掛け、開催を決めた国際オリンピック委員会(IOC)を批判した。

 北京五輪組織委員会の担当者は19日に米ワシントンの中国大使館で開いたオンライン説明会で、大会中の抗議活動への対応を問われ、五輪精神や中国の法律、規則に反する行為は「処罰の対象」と明言。取材証没収の可能性を示した。

同じジャンルのニュース