仏俳優ウリエルさんが事故死 スキー中に衝突

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
フランスの俳優ギャスパー・ウリエルさん=2015年、米ニューヨーク(AP=共同)
フランスの俳優ギャスパー・ウリエルさん=2015年、米ニューヨーク(AP=共同)

 【パリ共同】フランスの有名俳優ギャスパー・ウリエルさん(37)が18日、同国南東部サボワ県でスキー中、別のスキーヤーとの衝突事故で重体となり、ヘリコプターでグルノーブルの大学病院に搬送されたが19日、死去した。フランスのメディアが伝えた。

 ウリエルさんは1984年、パリ近郊生まれ。10代前半からキャリアを始め、2000年代から映画「ロング・エンゲージメント」などで脚光を浴びた。グザビエ・ドラン監督の映画「たかが世界の終わり」(16年)で死を前に家族と再会する作家の役を好演し、フランス映画界最大の賞、セザール賞で主演男優賞を受賞した。