濃厚接触者調査を効率化へ、東京 保健所業務逼迫で

お気に入りに登録

 東京都は20日までに、新型コロナウイルスの感染急拡大に伴う保健所業務の逼迫を受け、重症化リスクが低い濃厚接触者への連絡について、保健所ではなく感染者にしてもらうことを検討するよう各保健所に通知した。19日付。調査業務を効率化し、感染者の体調把握や急変時の対応に注力する。

 通知は、オミクロン株のまん延で「患者対応業務が急増している」と指摘。濃厚接触者や感染経路を詳しく調べる積極的疫学調査は、同居家族や重症化リスクが高い人など「優先度を考慮して効率的に実施」するよう要請した。