パラ、土田が9度目の挑戦に決意 次回パリ夏季大会は車いす陸上で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
不動産会社ウィルレイズとの所属記者会見を終え、ポーズをとる土田和歌子(右)と志田仁社長。モニターはリモートで参加したスノーボード男子の飛田流輝=20日、東京都内
不動産会社ウィルレイズとの所属記者会見を終え、ポーズをとる土田和歌子(右)と志田仁社長。モニターはリモートで参加したスノーボード男子の飛田流輝=20日、東京都内

 パラリンピックに夏冬8大会出場した47歳の土田和歌子が20日、東京都内で不動産会社ウィルレイズとの所属記者会見に臨み、次回パリ夏季大会に車いすマラソン一本で挑戦する決意を示し「集大成として突き進みたい」と意欲を口にした。

 マラソンとトライアスロンの2競技に出場した昨夏の東京大会後、所属していた八千代工業陸上部が活動休止に。新たな所属先が決まり「東京パラで多くの人に関心を持ってもらえた。支援はありがたいし、レガシーだと思う」と感謝した。同社の志田仁社長は「パラを映像で見ることができ、感動した」と契約に至った理由を説明した。

同じジャンルのニュース