全豪、ダニエルが初の3回戦進出 日比野組らは2回戦へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子シングルス2回戦を突破したダニエル太郎=メルボルン(共同)
男子シングルス2回戦を突破したダニエル太郎=メルボルン(共同)

 テニスの全豪オープン第4日は20日、メルボルンで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング120位のダニエル太郎(エイブル)が元世界1位のアンディ・マリー(英国)に6―4、6―4、6―4で快勝し、四大大会初の3回戦進出を決めた。

 ダブルス1回戦で女子の日比野菜緒(ブラス)アリツィア・ロソルスカ(ポーランド)組はアン・リー、アリソン・リスク組(米国)に3―6、7―6、6―4で逆転勝ち。男子のマクラクラン勉(イカイ)レーベン・クラーセン(南アフリカ)組も2回戦に進んだ。

 女子シングルス2回戦では世界3位のガルビネ・ムグルサ(スペイン)が敗れた。(共同)