山口県「否定的意見が多数」 10増10減、区割り審へ回答

お気に入りに登録

 衆院選挙区画定審議会(区割り審、川人貞史会長)による衆院小選挙区定数の「10増10減」を反映した区割り改定案策定を巡り、1減が見込まれる山口県は20日、県内の市町から「人口基準のみによる定数減に否定的意見が多数寄せられた」と区割り審に回答した。複数の関係者が明らかにした。山口の衆院4小選挙区は安倍晋三元首相ら自民党有力者の地盤で、定数減への反発が背景にあるとみられる。同じく1減が見込まれる福島、岡山両県は20日、知事意見を公表した。

 山口は衆院1区で自民党の高村正彦前副総裁の長男正大氏、2区で岸信夫防衛相、3区で林芳正外相、4区で安倍氏が選出されている。