ハピネッツ22日から由利本荘で試合 「感染対策徹底、安心を」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
由利本荘市での一戦を湊市長(中央)にPRした水野社長(左)とビッキー
由利本荘市での一戦を湊市長(中央)にPRした水野社長(左)とビッキー

 秋田県由利本荘市のナイスアリーナで22日と23日に開かれるバスケットボール男子Bリーグ・秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)のホーム戦をPRしようと、秋田NH社の水野勇気社長とマスコットキャラクターのビッキーが20日、市役所を訪れ、湊貴信市長にあいさつした。

 由利本荘市での開催は昨年5月以来。ハピネッツは昨季から、新型コロナウイルス感染対策として、全ホーム戦で会場収容率を50%に抑えてきたが、22、23日を皮切りに100%とする。両日で合計約5千人の来場を見込んでいる。

秋田の最新ニュース