サキホコレ、中国と香港で商標登録 海外輸出へ態勢づくり

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新米販売コーナーに並ぶサキホコレ。白地に毛筆文字が躍るデザインも海外に商標登録出願中だ=昨年11月、東京都港区のスーパー「福島屋 虎ノ門店」
新米販売コーナーに並ぶサキホコレ。白地に毛筆文字が躍るデザインも海外に商標登録出願中だ=昨年11月、東京都港区のスーパー「福島屋 虎ノ門店」

 秋田県が、高級ブランド米「サキホコレ」の海外販売を視野に中国、香港に出願していた商標登録が完了した。知的財産の保護が目的。サキホコレは、今年秋の本格市場デビュー以降、生産量が順次拡大される予定で、集荷業者らが将来的に海外輸出を円滑に進めるための態勢づくりにつなげたい考えだ。県によると、県産農産物のブランド名が海外で商標登録されるのは初めて。

 県秋田米ブランド推進室によると、商標登録を出願したのは、ローマ字表記単体の「SAKIHOKORE」と、これにカタカナ表記の「サキホコレ」も併記した2パターン。中国、香港と同じタイミングで出願していた台湾でも、2021年度中に手続きが完了する見込み。これらの国・地域は国産米の輸出が多いため、知的財産を保護し、模倣品対策を取る必要があると判断したという。

秋田の最新ニュース