雪寄せ、どうせなら楽しもう 大仙市で2月に「世界大会」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2017年に横手市増田町で開かれた際の大会の様子
2017年に横手市増田町で開かれた際の大会の様子

 厄介な雪寄せをスポーツとして楽しむ「スポーツYUKIYOSE世界大会」が2月13日、秋田県大仙市堀見内の市営仙北球場を会場に3年ぶりに開かれる。大会事務局は「楽しみにしてくれる方が多い大会。ここからまた、仕切り直していきたい」と意気込んでいる。

 雪国の苦労を逆手に取って楽しもうと、秋田市のNPO法人「トップスポーツコンソーシアム秋田」などが開催してきた。ユニークな取り組みは注目を浴び、2014年の横手市での第1回以降、19年まで毎年、県内外の100人ほどが参加してきた。

 2年前は雪不足、昨年は新型コロナウイルスの影響で2大会連続中止。今年は感染対策を取り、大仙市商工会青年部が主催者、トップスポーツコンソーシアム秋田が事務局となって開催することとなった。

秋田の最新ニュース