井川町、全世帯に燃料費1万円 福祉施設にも20~80万円

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県井川町議会は20日、臨時議会を開き、新型コロナウイルス対応臨時交付金を活用して全世帯に現金1万円を支給する燃料購入費助成、国の所得制限を上回る子育て世帯への給付金、米価下落に対する水稲経営次期作支援などを盛り込んだ21年度一般会計補正予算案を可決。21年度一般会計予算に除雪費を3千万円追加する専決処分1件を承認し閉会した。

 補正予算は3870万円で、専決処分も含めた累計は33億4400万円。

 燃料購入費助成は、灯油の高騰を受けて町民の生活を支援する。町内の施設に入所し住民票を施設に置いているケースなどを除き、全世帯が対象となる。事業費1550万円。

 町内の福祉施設6カ所に対しても燃料費高騰を受けた助成として、施設規模などに応じて20万~80万円を支給する。

秋田の最新ニュース