若年層「検査せず症状で診断を」 専門家提言案、医療逼迫回避へ

お気に入りに登録

 政府に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の有志らが、オミクロン株の急増で医療が逼迫する恐れがあるとして「若年層の多くは感染しても症状は軽く自宅療養で軽快していることを踏まえ、検査を実施せず臨床症状のみで診断を行うことを検討する必要がある」とする提言案をまとめたことが20日、分かった。提言案はさらに検討を加え近く公表する。

 検査を巡っては、感染に不安を感じる人が無料で検査を受けることが可能になり、感染が急拡大している地域では高齢者など優先度の高い人の検査がしにくくなっているとの指摘がある。