古都の街並みに大雪、白一面 冬型強まり京都市で14センチ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大雪となった京都市中心部=21日午前9時33分(共同通信社ヘリから)
大雪となった京都市中心部=21日午前9時33分(共同通信社ヘリから)

 日本付近は21日、冬型の気圧配置が強まり、日本海側を中心に雪が降った。京都市中心部も大雪となり、白一面となった古都の街並みを慎重に歩く人々の姿が見られた。

 京都市では20日から断続的に雪となり、21日未明から積雪が増えた。気象庁の観測では、午前10時現在の積雪は14センチ。市内では、2017年1月にも積雪14センチを観測している。

 気象庁は、京都市と、隣接する京都府亀岡市に大雪警報を発表して警戒を呼び掛けた。