那覇沖で漁船火災、8人全員救助 南東740キロ、けが人なし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
那覇市の沖合で火災を起こしたマグロ漁船「第28克丸」=21日午前(第11管区海上保安本部提供)
那覇市の沖合で火災を起こしたマグロ漁船「第28克丸」=21日午前(第11管区海上保安本部提供)

 21日午前7時10分ごろ、那覇市の南東約740キロの太平洋上で、マグロ漁船「第28克丸」(約20トン)から「船が燃えており船体を放棄する」との連絡が関係者にあった。第11管区海上保安本部(那覇)によると、漁船は那覇市の伊良部鮪船主組合所属で、乗っていた8人全員の救助が確認された。けが人はいないという。付近の貨物船が救助した。

 11管によると、8人は日本人船長とインドネシア人の乗組員7人。いかだから手を振っているのが確認され、付近を航行していた貨物船が救難の協力に応じた。