滋賀・甲賀の住基データ名簿流出 243人分を持ち出しか

お気に入りに登録

 滋賀県甲賀市は21日、同市の地域市民センターが住民基本台帳データを基に作成して2011年から21年2月まで保存していた243人分の名簿が流出したと発表した。氏名や住所、生年月日、性別などが記載されている。市は何者かが持ち出した疑いがあるとして調査を開始するとともに、甲賀署に対応を相談している。

 甲賀市によると、市民とみられる243人分の名簿の写しが匿名で郵送されてきたと17日、報道機関から連絡があった。23ある地域市民センターの一つが11年に開設された際、災害時などに支援が必要な高齢者や障害者を把握するため、住基データを利用して作成した名簿と分かった。