ボンカレー4月に10円値上げ 原材料や物流コスト上昇で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大塚食品の「ボンカレーゴールド 中辛」
大塚食品の「ボンカレーゴールド 中辛」

 大塚食品(大阪市)は21日、「ボンカレー」シリーズの一部商品を4月納品分から値上げすると発表した。希望小売価格を税別で10円上げる。原材料価格の高騰や物流コストの上昇が要因としている。

 「ボンカレーゴールド」(内容量180グラム)は甘口、中辛、辛口、大辛いずれも180円から190円に、「ボンカレーネオ」(内容量230グラム)も285円から295円になる。

 大塚食品は「企業努力と経営の合理化に努めてきたが現行の価格体系を維持することが困難になった」と理解を求めた。食品業界では原材料などのコスト上昇を理由に、値上げをする企業が相次いでいる。