韓国「眼鏡先輩」、日本にエール カーリング司令塔

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
21日、韓国・江陵で練習するカーリング女子代表チームの金恩貞選手(共同)
21日、韓国・江陵で練習するカーリング女子代表チームの金恩貞選手(共同)

 【江陵共同】北京冬季五輪に出場する韓国カーリング女子の代表チームで司令塔役のスキップを務め「眼鏡先輩」の愛称で知られる金恩貞選手(31)が21日、北東部江陵で共同通信の取材に応じ、日本から出場するロコ・ソラーレの選手らにエールを送った。日韓は2月14日に対戦する予定。

 金選手は、ロコ・ソラーレでスキップを務める藤沢五月選手と約10年前から試合で顔を合わせてきたと語り「日本最高のスキップ」と称賛。「同じように困難な時期を乗り越えてきたはず。ライバルというより、練習の成果が出せるように両チームが良い結果を残せたらうれしい」と語った。