学術会議組織形態、夏までに方針 小林科技相「丁寧に検討」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本学術会議の在り方を巡り、小林科技相(左)と会談する梶田隆章会長(中央)=21日午後、東京都千代田区
日本学術会議の在り方を巡り、小林科技相(左)と会談する梶田隆章会長(中央)=21日午後、東京都千代田区

 日本学術会議の在り方の見直しを巡り小林鷹之科学技術担当相は21日、最大の焦点である組織形態について「今年の夏までに方向性を示したい」との考えを明らかにした。国の特別の機関である会議を国から切り離すかどうかが注目点で、小林氏は「決め打ちすることなく、丁寧に検討を進めたい」と述べた。梶田隆章会長と内閣府で会談後、記者団に語った。

 組織形態を含む見直しの議論は、菅義偉前首相による会員候補6人の任命拒否問題の発覚後に浮上。会議側は6人の任命と詳しい拒否理由の説明を求めてきたが、政府は応じていない。見直しには「任命拒否問題からの論点ずらし」との批判が出ている。