恵方巻きの大量廃棄防げ 予約強化、CO2排出圧縮も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ローソンが発売した恵方巻き
ローソンが発売した恵方巻き

 節分に食べる「恵方巻き」商戦の売れ残り品の大量廃棄を防ごうと、コンビニなどの小売業者が予約販売を強化するといった取り組みを進めている。農林水産省も需要に見合った販売をするよう業界に呼び掛けており、食品ロス削減で廃棄処理に伴う二酸化炭素(CO2)排出量の圧縮につなげる狙いもある。

 「ご予約お承りいたします」。日本橋高島屋(東京)の食料品売り場では21日、事前予約を促す張り紙が掲げられていた。高島屋はロス削減のために数年前から予約を強化。日本橋店では近年、予約による購入が売り上げの大半を占める。