追加接種、自治体8割が2月完了 高齢者ら対象

お気に入りに登録

 総務、厚生労働両省は21日、全市区町村の83・6%に当たる1456自治体が、新型コロナウイルスワクチンの2回目接種から一定期間が経過した高齢者らを対象とした追加接種を2月末までに完了する見込みとの調査結果を発表した。

 調査は今月20日時点で実施。全1741市区町村に対し、医療従事者や高齢者施設の入所者と職員、昨年7月ごろまでに2回目を打った高齢者について、2月末までに終わるかどうか聞いた。

 管内の全市区町村が2月末までに終えるのは青森や京都、沖縄など21府県だった。1456自治体の高齢者人口は日本全体の高齢者の91%に当たる。