秋田の男性「見せ玉」で相場操縦か 監視委、課徴金82万円勧告

会員向け記事
お気に入りに登録

 証券取引等監視委員会は21日、東証1部上場の自動車部品メーカー、ミツバ(群馬県桐生市)株で相場操縦をしたとして、金融商品取引法違反の疑いで、本県の自営業の50代男性に課徴金82万5千円を納付させるよう金融庁に勧告した。

同じジャンルのニュース