時代を語る・佐々田亨三(39)戦前から教育熱脈々

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
全502ページの大冊「ふるさと秋田の学び」
全502ページの大冊「ふるさと秋田の学び」

 今、手元に一冊の分厚い本があります。タイトルは「ふるさと秋田の学び」。秋田の教育の土台である「ふるさと教育」の定本教材です。秋田の自然、歴史、文化、産業を総合的に学べる内容です。平成8(1996)年2月に刊行されました。

 この本が大事なのは、秋田の教育をもっと良くしようと、大学をはじめ多くの教師たちがその思いを結集させたことです。執筆者はもちろん、協力者まで含めると関わった方は総勢300人余。その熱き活動が周囲も動かし、ふるさと教育を全県に広げる原動力となりました。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース