県内景気「持ち直し」で据え置き 日銀1月概況、感染拡大を注視

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 日銀秋田支店は21日、1月の県内金融経済概況を発表した。県内景気について「新型コロナウイルス感染症の再拡大の影響がみられるものの、全体としては持ち直している」とし、基調判断を据え置いた。新変異株「オミクロン株」の流行で宿泊客のキャンセルが出始めており、景気に与える影響を注意深く見る必要があるとしている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース