女性活躍「トップの決意が大事」 カルビー社長がオンライン講演

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女性活躍推進をテーマにカルビーの伊藤社長が講演したシンポジウム
女性活躍推進をテーマにカルビーの伊藤社長が講演したシンポジウム

 「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の地域シンポジウム(内閣府主催)が21日、秋田県第2庁舎で開かれた。大手菓子メーカー・カルビー(東京)の伊藤秀二社長が「男性リーダーによる女性活躍推進への思いと取り組み」と題してオンラインで講演し、「一番大事なのはトップが強い決意を持って取り組むこと」と述べた。

 伊藤社長は、2010年4月に5・9%だった社内の管理職の女性比率が21年4月に21・8%に向上したと説明。女性登用を進めたことに加えて、フレックスタイムの導入など、全社員を対象とした働き方改革を押し進めたことが背景にあるとし、「働く全ての人のための改革がなければ、女性活躍も進まない」と語った。

同じジャンルのニュース