能代駅付近で車が線路内に侵入 リゾートしらかみ区間運休

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 JR秋田支社によると、雪の影響により、奥羽線と五能線の列車に遅れが出ている。三種町の森岳駅で、進路が切り替わらなくなる不具合が生じたため。五能線ではこれに加え、能代駅付近で乗用車が線路内に侵入するトラブルも発生。運転を一時見合わせたことにより、遅れが拡大している。快速リゾートしらかみの上下2本は、秋田駅―東能代駅で区間運休となった。

 秋田支社によると、乗用車は午前10時40分すぎ、能代駅構内の富町踏み切りから線路内に侵入。午前11時10分ごろに脱出したという。線路内の確認作業を経て、五能線は午前11時25分に運転を再開した。

 23日午後12時半現在、五能線は下りの快速リゾートしらかみ1本と普通列車1本に最大1時間54分の遅れが生じている。

 奥羽線は下り特急のつがる1本に1時間16分、上り普通列車1本には37分の遅れが出た。

最新の運行状況はこちらをご覧ください

同じジャンルのニュース