外国人も理解しやすい「やさしい日本語」、警察学校生が学ぶ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
外国人にも分かりやすい日本語について学ぶ県警察学校の学生
外国人にも分かりやすい日本語について学ぶ県警察学校の学生

 外国人も理解しやすい「やさしい日本語」についての講演が19日、秋田市新屋の県警察学校(加藤伸一学校長)で行われた。学生62人が卒業後の警察業務に役立てようと、分かりやすい日本語表現を学んだ。

 簡易な表現を用いたり文の構造を簡単にしたりしたやさしい日本語は、観光客や技能実習生といった外国人に対する道案内や職務質問、災害時の注意喚起などに有用とされる。

秋田の最新ニュース