大学生・河村のアタック止められず ハピネッツ、手痛い敗戦

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―横浜BC】激しい守備を仕掛ける秋田の中山(左)=ナイスアリーナ
【秋田―横浜BC】激しい守備を仕掛ける秋田の中山(左)=ナイスアリーナ

 落としたくない一戦だった。今季最多得点で快勝した前日の勢いをつなげ、貯金を2桁に乗せて前半戦を締めくくりたかったが、下位に沈む横浜BCに今季最多の102失点。前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)は「97点取っても102点取られたら何の意味もない」と悔しさをにじませた。

ハピネッツ、延長戦の末横浜BCに敗れる

 第2クオーター中盤で一時14点のリードを許したものの、そこから守備の圧力を強めガード川嶋勇人の3点シュートや外国籍選手のインサイドなどで逆転する地力を見せた。だが、特別指定選手として12月に加入した横浜のガード河村勇輝(東海大)を中心とした果敢なアタックに最後まで苦しめられた。

秋田の最新ニュース